気剣体一致させる練習

剣道の打突の基本は気剣体一致ですね。
ご存じだと思いますが、これは剣道での攻防においての動作を効果的に行う為に表現した言葉で、「気」とは気力、剣は竹刀操作、「体」は体さばきや体勢のことを指します。

 

 

これらがタイミングよく調和がとれて、一体となることが有効打突になる条件です。
したがって、これがしっかり出来た一本が取れれば、打突に冴えも出て、相手はもちろん、昇段での審査員の印象が大きく違ってきます。

 

 

そんな気剣体一致させるには、打突する際の竹刀の振りおろしと足の踏み込みを一致させて打つことがポイントになります。
ただ、手と足を一致させて打つことは、熟練の剣士でも出来ていない場合があるほど難しい動作です。

 

 

打とうする意識が強すぎると肩などの上半身に余分な力が入り、動作が遅くなって踏み込みと一致しづらくなってしまうのです。

 

 

そこで上体が力みすぎないように手と足を一致させる動きつくりの練習を取り入れると良いです。
例えば、竹刀を持たずに構え、前に踏み込んで打突するようにするのです。

 

 

竹刀を持たない分、上体が力みにくいので手と足を一致させるコツが掴みやすい筈です。
この時には、上体がかがみ過ぎないように適正な姿勢を意識して行うようにしましょう。

 

 

この世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀監修の剣道昇段審査・対策プログラムは、高段位を目指す剣士が体得すべき「気・剣・体の一致」稽古法がしっかり学べます。

マイナスになる力んで構えるなどの悪い癖なども改善でき、グッと合格に近づけるでしょう。

 

合否を分ける「打ち」のポイントを教えます!

 

剣道昇段審査対策プログラムの詳細を見てみる >>